マイカーローンを探す

マイカーローンを組む時、昔はディーラーの斡旋するローンを契約する人が多数でした。しかし今は、マイカーローンも自分で選ぶ時代です。ディーラーローンよりも低金利な銀行などを探し、自分でマイカーローンの契約先を選ぶ人が増えています。

 

 

借入金額の大きいマイカーローンの場合、高金利な所を選んでしまうと、数十万円も損をしてしまう可能性があります。特別金利などを除けば、ディーラーローンの金利は高めに設定されています。これは、ディーラーの斡旋するローンにはディーラー側への収益も含まれているためです。

 

その為、ディーラーによってはディーラーローンを積極的に勧めてきますが、それが必ずしも顧客側のメリットになるとは限らないのです。

 

銀行のマイカーローンのデメリット

銀行のマイカーローンは金利が低く、こちらを選択すれば支払総額を大きく抑えられる可能性があります。ただし、銀行のマイカーローンにもデメリットはあります。

 

銀行のマイカーローンを申込むなら、ディーラーではなく自分で手続きをしなければなりません。車の購入手続きとは別に、ローンの手続きの時間も取らなければなりません。銀行のマイカーローンの契約は来店で行う所が多いです。しかも銀行窓口は夜間営業をしていないので、平日の日中に時間を確保しなければいけません。

 

平日日中が仕事時間である人にとって、これは意外とやっかいです。

 

また、銀行のマイカーローンの場合、審査も時間がかかる所が多いです。手続きにかかる日数も長く、申込みから融資まで2週間かかる所も多いです。しかもマイカーローンの申込みには、車の購入を証明する書類が必要です。購入が決まってから申込みをするのが一般的なので、スケジュールがタイトになります。

 

使い勝手の良い銀行のマイカーローンの条件とは

銀行のマイカーローンのデメリットを踏まえた上で、一番ネックになるのが申込み手続きの時間と手間になります。これをうまく解決できる銀行のカードローンの条件として、インターネットでの申込みが重要なポイントとなります。

 

実は現在、銀行のマイカーローンの多くがインターネットから申込み可能です。インターネットなら時間を気にせず、自由に申込みができます。ネット申込みで審査結果を受取り、融資可能という回答であれば、来店して本契約が結べます。

 

これならば、せっかく休みを取って申込みに行ったのに、審査に落ちて無駄足だったというデメリットを避けられます。

 

また、銀行のマイカーローンの中には購入する車種や金額が決まる前でも仮審査に申し込みができるものがあります。基本的には上にも挙げたように車の購入が決まってからとなるのですが、決まる前でも仮審査が受けられるマイカーローンであれば新車だけでなく中古車を買う際のマイカーローンとしても便利なのです。

 

ネットで完結するマイカーローン

銀行のマイカーローンの中には、申込みだけでなく本契約までインターネットで完結できるものもあります。来店不要で借入れまで全て完結できるので、これなら銀行のマイカーローンのデメリットがほとんどなくなります。

 

来店不要で契約が結べる銀行として、有名なのが三菱東京UFJ銀行です。三菱東京UFJ銀行のネットDEマイカーローンは、来店不要で本契約が可能です。金利も保証料込で2.975%なので、低金利で安心です。

 

インターネットで完結するタイプのマイカーローンの場合、申込みをしてまずは審査結果を待ちます。審査に問題がなく、融資可能の回答が来れば、それから本契約を結ぶ手続きに入ります。本人確認書類のコピーなど、必要な書類を郵送でやり取りします。契約が完了すれば融資が受けられます。最後まで来店不要なので、時間を無駄にせずに低金利なマイカーローンが利用できます。

 

ネットDEマイカーローンなら仮審査の結果は最短即日で回答の連絡が来ます。融資できるかどうかがすぐにわかるので、万が一審査に落ちてしまったとしても、時間のロスがほとんどありません。それだけ無駄がなく、効率的に手続きができます。

 

その他にも最近では金融機関の手軽な手続きが進められるマイカーローンが増えてきているので、ディーラーでのローンを利用する前にネット銀行のマイカーローンにも注目をしておくと良いでしょう。